子育てと いとしさと 心強さと

元医療従事者。1歳の息子のママ。子育てを通して感じた日々の疑問をちょっとだけマニアックに追求しています。

こじまりえさんのあとぴっこ&アレルギー講座レポ

GWはみなさま、いかがお過ごしになられたでしょうか?

 

私は実家に帰省しておりました🗻

f:id:mamaru221:20170513114111j:image

 

昨日、やっとこさ新潟に戻ってきたのですが、

ちょうどなタイミングで、東京で

 

「こじまりえさんのあとぴっこ&アレルギー講座」

 

があると聞き、静岡から新潟に戻る途中で、東京に1泊して参加してきました。

 

はじめての息子と2人旅。

f:id:mamaru221:20170513114103j:image

 

どうなることかと思いましたが、意外となんとかなるもんでした☆^^

 

参加の動機は、以前から悩んでいる離乳食の開始時期と内容について

なにかヒントはないかと思い参加しました。

 

離乳食は遅く開始(特にタンパク質)した方が、アレルギーになりにくい説がある一方で、

 

最近話題の糖質制限では、アトピーなどの皮膚の症状には、皮膚の再生に必要なタンパク質が必要という説もあり、

 

言ってる事、真逆だし

どっちなんじゃい!

 

と思いまして。。。

(この辺はいろんな説があるのでまたおいおい記事に書きたいと思ってます)

 

はなっから、母子手帳の一般的な進め方を無視しているひねくれ者の私www

 

私がひねくれてる理由に興味がある方はこちらをお読みください☆

 

私自身も、息子も、家族にも幸いアトピーやアレルギー症状をもつものはいないのですが、

 

なぜ現代ではこんなにもアレルギー、アトピーが増えてしまっているのか

 

何か予防や、出来る事はないか、と思い参加しました。

 

講師のこじまりえさんは、看護師、ホメオパスの資格を持ち、

4人のお子さんを出産され子育て中ですが、

それまでには5年間の不妊治療や、次女さんの生命を左右するようなアトピーを克服されたという経験をお持ちです。

 f:id:mamaru221:20170513114216j:image

 

そんなこじまさんは、なんと!同じ新潟県に住んでいるのですが、

 

新潟県て結構広くて、東京の方がペーパードライバーの私にとってはアクセスしやすかったという次第ですwww

早くペーパー卒業せねば!と思ってはいるのですが😥

 

 前置きが長くなってしまいましたが、

レポしますね!

 

講座は10:30〜16:30で、

 

①免疫

②アレルギー

アトピー

 

というたっぷりたっぷりな講座なので、

とてもシェアしきれません!!!www

f:id:mamaru221:20170513114233j:image

 

なので、直接こじまさんに会って、直接聞くことを強くオススメします!!!

 

でも、それじゃあなんなので

印象に残ったことを取り急ぎ。

 

ホメオスタシス

内分泌ー免疫ー自律神経の三角のバランスが大切!

f:id:mamaru221:20170513114226j:image

 

【アレルギー、アトピーの症状が出てしまっている皮膚のケアについて】

掻く?掻かない?

最近は「掻きたいなら掻きたいだけ掻かせてあげ、排毒を促す」との考え方もあるが、皮膚のバリアが崩れており、浸出液や血でぐちゃぐちゃドロドロになってしまっている場合は、刺激になり傷が深くなってしまうので注意。

皮膚に傷があるということは、ばい菌に感染しやすいので注意が必要!

感染は命に関わることもあります!

その場合は、抗生剤が必要な場合もある。

腸内細菌は抗生剤により、一度無くなってしまうかもしれないが、命をつなぐことがまず最優先です!

ある程度、皮膚のバリアが出来ている状態であれば、掻いても大丈夫。このぐらいの状態であれば、掻いてもそこまで皮膚の状態は崩れない。

 

【塗る?塗らない?お風呂は?】

  • 何も塗らないケアであれば、脱風呂ok!
  • 皮膚のバリアが崩れすぎているときは、水分を補給して、油分で蓋をすることもアリ。
  • 油分のみ、直接塗るのはNG!!!
  • 油分(オイル)は浸透して酸化するので、オイルを塗るなら石けんで軽く落とす必要がある。
  • 成分表示が「水分」のみの表示の無添加の◯◯ウォーターなどを塗ってから、参加しにくいオイルを蓋をするイメージで塗る。
  • このとき重要なのは、あくまでもこれは皮膚のバリアの対処であって、塗った水分や油分が治してくれる訳ではない。
  • オイルは酸化しにくいものを選ぶ。ワセリンは石油系だが酸化はしにくい。
  • 伸びがカタイ感じのオイルを塗るときは、ゴシゴシしてはいけない。刺激となってしまい逆効果。

 

 【免疫システムを混乱させない事が大切】

アレルギー反応とは免疫が敏感で過剰になりすぎている状態。

 

〈免疫機能を狂わせるもの〉

  • 自律神経を狂わせるもの
  • 免疫機能は
  • 成長にあっていないウイルスの経験(→ワクチン!例えば、破傷風が0歳児で発症したり、一度に4つの菌に感染する(同時接種)などは自然界ではあり得ない
  • 菌やウイルスの未経験(→除菌のし過ぎ)

 

むう〜!

もう少しシェアしたいのですが、今日はここまで!

記憶が薄れないうちに、、、、 

 

追記:続編②〜④更新しました☆

 

kosoito.hatenablog.com

 

 

kosoito.hatenablog.com

 

 

kosoito.hatenablog.com